BCP対策とはどんな事なのか

BCP対策とは企業が自然災害やテロや火災などの緊急事態に直面した時にトラブルによって引き起こされる被害を最小限に抑えながらその後の経済活動を少しでも早く復旧もしくは継続する為に対策です。

自然災害などの緊急事態は事業を行う上では必ずついてくるリスクではありますが、そのリスクに対してしっかり向き合って事前に対策をしておく事で企業として被害を最小限にできるのです。特に長期的に安定した経済活動を行う場合はBCP対策は非常に大切な事なので、緊急事態が起きる前からしっかり対策する事が重要です。

緊急時の対応は経営者などの管理する側だけでなく、現場で働く従業員にも対応策が浸透していないといけません。そのためBCP対策は企業の経営側だけでなく、企業全体で行わないと効果が薄いです。

BCP対策をする上で大切な事

まず緊急時の中でも大規模災害の後は限られた資源しか使えません。そのため限られた資源を使って事業を継続する方法をあらかじめ考えておく事と使える資源が限られているからこそ優先して継続するべき事業を絞り込んでおくべきです。可能であれば全ての事業を継続すれば良いですが、それが難しい場合は優先度が高い事業からできる限り継続するように企業として動いていくと良いです。

重要な事業に関しては緊急事態が発生した時に一時的に停止しても普及を目指さないといけません。普及までの目標を設定してその目標に合わせる為にどうするか計画しておく事と緊急時に指揮系統が上手く機能するようにシステムを確立しておく事も大切です。

BCP対策とは、災害など緊急事態が発生した際に、企業が事業の継続または早期復旧をするために戦略的に定めておく対策のことです。策定後の運用段階においては定期的な訓練と見直しが重要です。