そもそも、アンテナとは一体何なのか?

家を建てる時に欠かせないアンテナは、一体どんな役割を果たしているのでしょうか。簡単に言ってしまうと、アンテナは地上デジタル放送の電波を受信する機器です。テレビの電波を受信する時に、必要不可欠なものだと言えます。

そもそもテレビには、電波を受信する機能が備わっていません。屋根の上にアンテナを設置し、テレビとケーブルを接続することで、初めてテレビに映像が映るわけです。賃貸物件に引っ越した時は、壁にある差込口にテレビケーブルを接続すれば、簡単にテレビが見られます。これは予めアンテナから各部屋の向けて、ケーブルを敷設しているからです。

アンテナにはどんな種類があるのか

地デジを受信するためのアンテナは、基本的に八木式アンテナとデザインアンテナの2つに分けられます。

八木式アンテナはアナログテレビの時代から日本全国に普及しているもので、魚の骨のほうな形をしています。屋根の上に設置するケースが多く、一般的な住宅やアパートでは、この八木式アンテナを用いている所が多いですね。

なお、八木式アンテナはUHFとVHFの2つに大別できます。UHFアンテナは地デジ用、VHFアンテナはアナログTV用です。このため今現在使われているのは、ほとんどがUHFの方だと見て良いでしょう。

一方デザインアンテナは、薄型平面タイプのデザイン性に優れたお洒落なアンテナです。一戸建ての住宅やマンションを新しく建てる時、デザイン性を重視して採用されることがあります。八木式アンテナよりも高額ですが、色を選べたりなど、外観をより魅力的にしてくれます。

アンテナ設置は、素人がやってしまうと不安定になったり強風時に破損してしまう恐れがあるので、プロに依頼してみるのがおすすめです。