合宿免許で普通自動車免許をとる

自動車免許を取得する方法は、学校に定期的に通って免許を取得するのが一般的です。この場合は、だいたい三か月から四か月程度の時間が必要です。それに比べて、合宿免許という形をとることによって、もっと短期間で免許を取得できます。合宿免許の場合は、二週間程度で免許を取得できるでしょう。ですから、普通に教習所に通って取得するのと、合宿という形で取得するのとでは、これだけ大きな時間差が出てきます。
時間的に余裕がある人ならば、合宿という形で免許を取得してしまった方が気が楽です。これならばあっという間に取得できてしまいます。毎日繰り返し勉強していくわけですから、覚えも早くとても効率の良い免許に取得方法です。しかも、合宿スタイルになりますので、知らないうちに仲間も増えていることでしょう。普段知り合うこともない人と仲良くなれることも、合宿免許の特徴です。

合宿免許のデメリットはあるか

短期間で集中して免許を取得できるのが合宿免許の良い点ですが、その反対にデメリットはないのかというと、合宿になるので二週間の間は拘束されるという点、ここがデメリットになるでしょう。
普通に社会人として会社勤めをしている人ですと、二週間もの間、仕事を休んで合宿免許に参加することは不可能に近いでしょう。これだけの間、時間的に何とかなるのはやはり学生中心でしょう。自営業であれば何とかなるかもしれませんが、なかなか二週間もの間、仕事をしている人で仕事が休める人も少ないです。
この点だけを気を付ければ、合宿免許はとても優れています。

合宿免許は普通自動車が半月前後で取得可能となっているので、一般的な教習所よりも短期間且つ集中して取り組む事が出来ます。